私、科捜研の女になる!

2020.02.24 Monday

0

    Mさんが塾に入ったのは中2の冬でした。

    当時は、若干の反抗期?もあり、お母さまはMさんに手を焼いていたという状況で、ご相談を受けました。


    入塾テストの結果、偏差値は42。

    定期テストでは320点くらい(平均点程度)とれていたので、この結果にはお母さまも本人もびっくり!していたのをよく覚えています。そして半ば強制的に?塾に入りました。

    ですから、心を開いてくれるまでには、少々時間を要しました。

     

     

    こういったお子さんは、あまり足を踏み込みすぎてもよくないので、基本的には私たちの本業である『授業』の中で、引きつけることを考えて接していきました。

    授業中の姿勢、ノートのとり方、字の個性には、性格による癖が出ます。

    そこで、「こうしないと気になっちゃうタイプ?」なんて言いながら、「この方が見やすくない?」など、アドバイスをしながら、距離を縮めていきました。非常に繊細なお子さんでした。

     

     

    少しずつ心が開き始めた頃、面談をしました。

    といっても、堅苦しい面談は息が詰まるので、リラックスしたものですが…。

    Mさんは堅苦しいものを想定していた(面談といわれれば当然ですね)ので、世間話たっぷりの面談は、呆気にとられたようですが気持ちが楽になったのか、Mさんは堰を切ったように話してくれました。


    「私、科捜研で働きたいんです!」


    小学生の頃からずっと思っていたそうです。

    しかし、それに対する努力をしているわけではありません。

    が、私が『チャンス!』と思ったのは言うまでもありません。夢を持つことはすばらしいことです。

    成長への一歩目を踏み出すことができます。

     

     

    そこで、次のような宿題を出しました。

     

    1、科捜研で働いている人たちはどんなスキルを持っている?

    2、そのスキルはどうすれば身につくの?
     

     

    答えをMさんは持ってきました。

    物理学、薬学、教育学、生物学、心理学など、さまざまな分野の専門知識が必要だということ、

    さらに、法医学や心理学、物理学などの大学院に進み、より深く専門分野を研究すると有利であることもわかりました。
    この時に初めて、大学受験やその先の未来を意識して高校を選択することの大切さを知ったのです。


    「大学に行って夢に近づきたい!」

     

     

    公立後期選抜に向けて

    2020.02.20 Thursday

    0

      こんにちは。

       

      さて、昨日は公立前期選抜の合格発表でした。

      受験生とそのご家庭では、悲喜こもごもあったと思います。

      が、後期選抜を受験するみなさんにとっては、残りの10日間が正念場です。

      前期選抜のことは忘れて、気持ちを切り替えて準備を進めてください。

       

      そして、前期選抜で合格したみなさんにお願いです。

      自分は「〇点とって合格した」とか「●さんより点数低かったのに合格だった」といった種の

      発言は控えていただくようにお願いします。

      前期選抜では学力検査だけでなく2日目の検査結果含まれていますし、

      みなさんの思っている点数は自己採点なので不確定です。

      後期選抜の発表が終わってから「得点開示」の期間があります。

      それまでは、後期選抜を受験する人が集中できるような環境を作ってあげましょう。

       

       

      次に、後期選抜を目指すみなさんは、25日に出願をすることになります。

      基本的には、前期と同じ高校に出願する人が多いと思いますが、ここで変更する人も少なからずいるでしょう。

      ただし、26日と27日(午前まで)に志願変更ができる時間もあります。

      今週末は連休もありますから、家庭内でもしっかり相談を重ねて、

      受験生本人はもちろん、ご家族も納得して受験日を迎えられるよう、焦らずに検討してほしいと思います。

      (連休中に、25日夕方に発表される「志願倍率が〇倍を超えたら志願変更する」といった目安を

      決めておくとよろしいかと思います。)

       

      そこで、柏市周辺の主な高校について、後期選抜の見通しを立てましたので、

      参考にしていただけらばと思います。ただ、あくまでも統計上の確率論です。参考までにお願いします。

       

      後期選抜の志願者数は、前期選抜の非内定者数(=前期選抜受験者数ー前期合格者数)のうち、

      例年、どの程度の割合で再受験しているか(再受験率)をもとに、予測することが可能です。

      ただし、再受験率と言っても、東葛飾のようなトップ校は純粋な再受験者ですが、

      それ以外の高校については、上位の高校からの流入者も含んでいますので注意してください。

       

      以下、

      高校名

      前期非内定者数・後期志願者数・志願率で表記していきます。

       

       

      公立前期選抜まで残り1週間!

      2020.02.05 Wednesday

      0

        こんにちは。

         

        いよいよ、公立前期選抜まで1週間となりました。

        先ほど、志願者数と志願倍率も発表され、緊張感も高まってきたのではないでしょうか。

         

        さて、残り1週間の過ごし方について、少し書きたいと思います。

        ただ、「すごい奇跡が起こる」とか「合格の魔法」とか、そういうことは、一切ありません。

        残念ながら、入試において魔法などあるはずがりませんから。

         

        1、今まで通りの受験勉強を継続すること・人を気にしすぎない

        直前だからと言って、特別なことをする必要はありません。

        むしろ、特別なことをすると、新しく「わからない」ことが出てきてしまい、

        むしろ不安になってしまうかもしれません。

        人がやっていることを見たり、聞いたりしても、気にしてはいけません。

        最後は「自分の力」を信じることが大切です。

        万が一失敗するのでも、「人のマネで失敗する」のと「自分の方法で失敗する」のとでは、

        どちらが悔いを残さずに済みますか?考えてみてください。

        とにかく、この1週間で爆発的に学力が上がるなんてことはないのですから、

        確実に得点できる科目(知識事項)を中心に取り組んでいきましょう。

         

        2、倍率を気にしない

        受験生なら倍率が気になるでしょう。

        高倍率なら不安になるかもしれませんし、少しでも低ければ安心や期待につながるでしょう。

        しかし!それを気にしたところで、志願者が増えるわけでも減るわけでもありません。

        出てしまったものは変わらないわけですから、確認だけして、「余計なことは考えない」が得策です。

        入試は、当日の試験で自分が1点でも多く取れればいいのです。

        だから、その不安や緊張を忘れるために今すべきことは、「今まで通りの受験勉強」です。

         

        3、今は後期のことを考えない

        今は前期で合格することだけを考えるべきです。

        「後期もあるや」と思っていると、本当に後期選抜があなたを待っています。

        前期選抜が終わって、自己採点をした後に、切り替える。それが強い受験生であるはずです。

         

        4、体調管理も実力のうち

        インフルエンザになって別室受験する人が毎年います。

        申し訳ないですが、それも実力のうちです。同情なんてしたことありません。

        1週間後に試験を控えていることはわかているのですから、それらしい生活をするだけです。

        「緊張して食事がのどを通らない」なんていう人もいるかもしれません。

        それも実力です。十分な対策ができていない・準備ができていないから、

        そのような状況に陥っているのです。最後の1週間、やれることをやるだけです。

         

        少し、厳しいことも書きましたが、

        志願者数的に難しい状況になる高校もあるでしょう。

        だから、その中で戦えるだけの精神力が必要なのです。

        「君ならできる、合格するよ」なんて甘い言葉で合格できるなら、

        入試なんて必要ない、そうではありませんか?

        「今の君では不合格だ、ワッハッハー」くらいのことを言われても、

        自分を信じて立つことができる、そういう人が最後は笑う。

        それが勝負の世界だと思います。

         

        では、「悔いが残らない最後の1週間」を過ごしてください。

        残り2週間の受験勉強どうする!? 【千葉県公立高校前期選抜まであと14日】

        2020.01.29 Wednesday

        0

          こんばんは。

          公立前期選抜まで残り2週間(14日)です。

          短いと思うか、まだ時間があると思うか、その意識だけでも「できること」の範囲が変わります。

          そこで、残り2週間でできる「効果的な対策」について書きたいと思います。

           

          多くの人が取り組んでいるであろう「過去問」は、継続して解いていきましょう。

          しかし、同じ問題が出るわけではないので、過去問だけ解いていても、正直なところ効果的とは言えません。

          過去問は、あくまでも「現状の実力」をみるためのもので、

          受験校の合格ライン(年によって違うが)に届いいるかどうかを確認するのに必要です。

           

           

          さて、過去問の合間に何をするか?ここが肝だと思います。

          今回はその話が中心ですが、前提として押さえておいてもらいたいことがあります。

          それは、各教科の特性です。

          〇弭遊浪別棔Ч餮譟数学

          知識系科目:英語・理科・社会

           

          思考系科目は、試験問題によって難易度が変わりやすく、上位の受験生でも苦労する可能性があります。

          「当日の対応力」がどうしても問われてしまうからです。

          このような教科に限られた残り時間で比重をかけるのはおすすめできません。

           

          というわけで、知識系科目である3教科がメインとなります。

          その中でも、社会と理科は、若干の思考問題(計算やグラフなど)があるものの、

          知識問題の割合が高く、その出来が得点を大きく左右します。

          ですから、社会と理科に比重をかけるのがおすすめです。

           

           

          次に、そこまで理解できたら、「何をするか」です。

          塾では「塾のテキスト」や「用語集」などいろいろと指示があるのかもしれませんが、

          私がこの時期に最もおすすめできるのは「中学校で配布されている教科書ワーク」です。

          (これは10年以上、ずっと変えずに指示しています。)

           

          入試問題は「教科書」をベースに作られています。

          だから、塾のテキストや参考書類にある「よく出る問題」ではないものが出てくるのです。

          もちろん、数は多くありません。しかし、知識問題であることは変わらないので、確実に得点したいのです。

          教科書ワークなら、教科書に出てくる知識もしっかり出てきますから、

          3年間分の教科書を読みつぶすよりも効率が良いと言えます。

           

          教科書ワークに取り組む際のポイントは、時間をかけすぎないことです。

          知識事項の確認がメインですから、「基本問題」(用語を答える1行問題)だけで構いません。

          (実践的な問題は、過去問やTel帳(全国の過去問題集)を使う方がよい。)

          1単元当たりの制限時間をしっかり決めて、短時間で復習していきましょう。

          苦手なところは、複数回転すればよいです。こうして知識事項を総整理します。

          いくら教科書ワークと言っても3年間分ですから、なかなかの分量です。

          1日に10ページ、20ページ進めるくらいの覚悟を決めて、取り組んでいきましょう。

          特に、記憶から消え去ってしまいがちな1年生の内容はポイントになりますよ。

          模擬試験の監督をしていて、1年生の知識内容で失点する受験生の多さに驚くことがなくなりましたから。

           

          人生の中で、高校入試直前の2週間は『今』しかありません。

          思い残すことなく試験会場に向かうことができるよう、

          1年後、希望する高校で充実した高校生活を送っている自分を思い描いて、

          前向きに2週間を過ごしていきましょう。

          【千葉県公立高校入試】志望校調査の結果から今年の入試を予測する

          2020.01.25 Saturday

          0

            こんばんは。

             

            今朝の新聞にて、令和2年度千葉県公立高校入試の進路志望状況が発表されました。

             

            全日制の志望者は37,304人で倍率は1.15倍となりました。
            昨年が1.16倍でしたので、ほぼ昨年並みと言えると思います。

             

            この調査結果を参考にして、毎年、多くの受験生が実際の出願先を決定しています。
            ここでは、学校別に、実際の前期選抜出願者数・志願倍率を予測していきます。

             

            あくまでも予測ですが、例年の傾向を鑑みて計算していますので参考程度にはなると思います。
            但し、倍率を気にするばかりではなく、各自の責任において、最終的な志願先を決定してください。

            なお、塾生には塾生向けの予測詳細を配付しましたので、そちらをご覧ください。


            なお、柏市の塾ですので、予測は第2学区、第3学区の主な高校とさせていただきます。


            見方は、

            ◆「高校名」  「1月の志望者数」「 前期倍率」 (進路志望調査より)
            「過去6年間の出願率平均」(対志望者数)
            平均出願率で割り出した「予測出願者数」・「志願倍率」

            の順で掲載していきます。


             

            ◆県立船橋高校   志望者数845名 前期倍率4.32倍

             

            過去6年間の出願率平均は、83%です。

            予測出願数700名、志願倍率3.64倍 となります。

             

            依然として人気です。志望者数も過去6年をさかのぼっても最多となりました。
            非常に厳しい入試となるでしょう。

             

             

            ◆薬園台高校    志望者数384名 前期倍率2.28倍

            過去6年間の出願率平均は、92%です。

            予測出願数353名、志願倍率2.10倍 となります。

             

            人気の下落が止まりません。志望者数は過去6年で最低を更新しました。

            昨年の出願率は96%でしたから、今年もそのくらいになるかもしれません。
            ちなみに、96%で計算すると、368名、2.19倍です。


             

            ◆船橋東高校    志望者数429名 前期倍率2.23倍

             

            過去6年間の出願率平均は、100%です。ほぼ同数が出願しています。

             

            予測出願数432名、志願倍率2.25倍 となります。

             

            昨年と比べて100名近く増加しています。3年前、4年前の水準になりました。
            6年間の出願率は96%〜108%ですので、比較的安定しています。


             

            ◆八千代高校    志望者数460名 前期倍率2.74倍

             

            過去6年間の出願率平均は、92%です。

             

            予測出願数423名、志願倍率2.52倍となります。

             

            6年間の出願率が87%〜95%と安定した高校です。


             

            ◆津田沼高校    志望者数613名 前期倍率3.19倍

             

            過去6年間の出願率平均は、93%です。

             

            予測出願数570名、志願倍率2.96倍となります。

             

            今年の入試で最も読みにくい高校ではないでしょうか。注意が必要です。
            昨年よりも160名ほど増えており、過去6年間でも志望者が600名を超えたことはありません。
            同様の例として、柏の葉高校も人気の急上昇で敬遠ムードが出ていて、出願率が一昨年86%程になりました。
            同じように考えると、527名、2.74倍となります。これでも厳しいですが。


             

            ◆国府台高校    志望者数551名 前期倍率2.86倍

             

            過去6年間の出願率平均は、95%です。

             

            予測出願数523名、志願倍率2.72倍です。

             

            国府台高校も出願率が92%〜100%と安定した学校です。


             

            ◆国分高校     志望者数387名 前期倍率2.02倍

             

            過去6年間の出願率平均は、93%です。

             

            予測出願数は360名、志願倍率2.03倍です。

             

            近年、厳しい入試が続いたので敬遠されたでしょうか。180名近く減らしています。


             

            ◆小金高校     志望者数621名 前期倍率3.22倍

             

            過去6年間の出願率平均は、89%です。

             

            予測出願数は552名、志願倍率2.88倍です。

             

            平成28年を除いて、平成26年以降600名以上の志望者を集めています。
            ここ2年間は、やや出願率が下がっていますので、もう少し緩和するかもしれません。


             

            ◆松戸国際高校(普通科) 志望者数388名 前期倍率2.69倍


            過去6年間の出願率平均は、85%です。

             

            予測出願数は330名、志願倍率2.29倍です。

             

            近年の厳しい入試で敬遠されたでしょうか。4年ぶりに400名を割り込みました。
            出願率が少し上がるかもしれません。ただ、5年間の出願率は83%〜91%と安定しています。


             

            ◆市立松戸高校    志望者数446名 前期倍率2.65倍

             

            過去6年間の出願率平均は、91%です。

             

            予測出願数は405名、志願倍率2.41倍です。

             

            昨年、非常に厳しい入試となり注目を集めました。今年は一昨年並みです。
            過去5年間の出願率は92%〜96%で安定しています。昨年も92%でした。


             

            ◆県立松戸高校    志望者数229名 前期倍率1.89倍

             

            過去6年間の出願率平均は、97%です。

            予測出願数は222名、志願倍率1.85倍となります。

             

            出願率が90%〜108%と幅があり、読みにくい学校の1つです。
            募集定員が少ないので仕方がないのですが…。


             

            ◆松戸六実高校    志望者数406名 前期倍率2.11倍

             

            過去6年間の出願率平均は、99%です。

             

            予測出願数は400名、志願倍率2.08倍となります。

             

            一昨年並みの志望者数になりました。昨年が緩やかでしたから、隔年現象と言えます。
            平成28年を除いて、出願率は94%〜99%と安定しています。


             

            ◆鎌ケ谷高校    志望者数551名 前期倍率2.86倍

             

            過去6年間の出願率平均は、92%です。

             

            予測出願数は507名、志願倍率2.64倍となります。

            一昨年、昨年と約600名の志望者でしたので、少し敬遠ムードがありそうです。
            しかし、依然として高い人気を得ていると言えるでしょう。
            出願率は例年90%〜96%でしたが、昨年は87%とかなりの流出がありました。


             

            ◆東葛飾高校    志望者数481名 前期倍率3.31倍

             

            過去6年間の出願率平均は、95%です。

             

            予測出願数は457名、前期倍率3.17倍となります。

             

            昨年から併設中学からの入学者があり、高校入学の定員が減りました。
            その影響で、昨年かなり敬遠されましたが、今年は50名ほど回復しています。
            前期選抜は3倍を超える厳しい入試となる予想です。


             

            ◆県立柏高校    志望者数398名 前期倍率2.36倍

             

            過去6年間の出願率平均は、89%です。

             

            予測出願数は355名、前期倍率2.11倍となります。

             

            最近4年間、志望者数は400名前後で推移していて、今年も大きな変化なしです。
            小金の人気が上がって、落ち着いてしまったように感じます。
            出願率は85%〜93%で、比較的安定感のある印象です。


             

            ◆柏南高校    志望者数607名 前期倍率2.80倍

             

            過去6年間の出願率平均は、95%です。

             

            予測出願数は577名、前期倍率2.67倍

             

            鎌ケ谷高校と同様、例年人気のある学校です。
            3年前に一度落ち着きましたが、2年前から志望者数570名超、今年は5年ぶり600名に回帰しました。
            過去6年間の出願率は91%〜98%と比較的安定しています。


             

            ◆柏中央高校   志望者数360名 前期倍率1.64倍

             

            過去6年間の出願率平均は、101%と流入超過です。

             

            予測出願数は371名、前期倍率1.93倍となります。

             

            志望者数は過去6年で最も少なく、全体定員で考えると倍率は1.00倍です。
            今年は柏南の影響もあり、確実に流入超過でしょう。予測は出願率103%で計算しました。
            もう少し増えるかもしれません。


             

            ◆柏の葉高校     志望者数455名 前期倍率3.16倍

             

            過去6年間の出願率平均は、93%です。

             

            予測出願数は400名、前期倍率2.77倍となります。

             

            2年前から一気に志望者数が伸びました。(391名→474名→472名)
            今年は昨年よりは少し少ないですが、依然として人気があります。
            最近2年間は出願率が86%→87%ですので、今年は88%で計算しました。


             

            ◆流山おおたかの森高校   志望者数408名 前期倍率2.13倍

             

            過去5年間の出願率平均は、97%です。

             

            予測出願数は396名、前期倍率2.06倍となります。

             

            平成26年だけ出願率が76%なので、平成27年以降5年間の平均出願率で計算しました。
            5年間の平均出願率は93%〜109%です。(109%は昨年)
            昨年と比べて40名ほど志望者が増えました。
            また、柏の葉高校との絡みも出てくるので、読みにくい高校の1つになっています。


             

            ◆我孫子高校    志望者数294名 前期倍率1.53倍

             

            過去6年間の出願率平均は、106%です。

             

            予測出願数は312名、前期倍率1.63倍となります。

             

            全体定員に対しての志望者数で考えると、3年連続で1.00倍を割っています。
            我孫子市で320名という募集定員が大きすぎるのかもしれません。(地理的条件)
            平均出願率は102%〜113%で、毎年流入超過となっています。


             

            ◆市立柏高校    志望者数269名 前期倍率1.60倍

             

            過去6年間の出願率平均は、104%です。

             

            予測出願数は280名、前期倍率1.66倍となります。

             

            志望者数が3年連続で全体定員の280名に届いていません。
            平均出願率は99%〜107%で安定しています。


             

            ◆柏陵高校     志望者数404名 前期倍率1.87倍です。

             

            過去6年間の出願率平均は、99%です。

             

            予測出願数は400名、前期倍率1.85倍となります。

             

            平均出願率は98%〜103%で安定している高校です。
            特別大きな変化はないものと思います。

             

             

            以上、主な高校の出願者数と前期倍率を予測してみました。
            鵜呑みにしすぎない程度に、参考になさってください。