公立後期選抜に向けて

2020.02.20 Thursday

0

    こんにちは。

     

    さて、昨日は公立前期選抜の合格発表でした。

    受験生とそのご家庭では、悲喜こもごもあったと思います。

    が、後期選抜を受験するみなさんにとっては、残りの10日間が正念場です。

    前期選抜のことは忘れて、気持ちを切り替えて準備を進めてください。

     

    そして、前期選抜で合格したみなさんにお願いです。

    自分は「〇点とって合格した」とか「●さんより点数低かったのに合格だった」といった種の

    発言は控えていただくようにお願いします。

    前期選抜では学力検査だけでなく2日目の検査結果含まれていますし、

    みなさんの思っている点数は自己採点なので不確定です。

    後期選抜の発表が終わってから「得点開示」の期間があります。

    それまでは、後期選抜を受験する人が集中できるような環境を作ってあげましょう。

     

     

    次に、後期選抜を目指すみなさんは、25日に出願をすることになります。

    基本的には、前期と同じ高校に出願する人が多いと思いますが、ここで変更する人も少なからずいるでしょう。

    ただし、26日と27日(午前まで)に志願変更ができる時間もあります。

    今週末は連休もありますから、家庭内でもしっかり相談を重ねて、

    受験生本人はもちろん、ご家族も納得して受験日を迎えられるよう、焦らずに検討してほしいと思います。

    (連休中に、25日夕方に発表される「志願倍率が〇倍を超えたら志願変更する」といった目安を

    決めておくとよろしいかと思います。)

     

    そこで、柏市周辺の主な高校について、後期選抜の見通しを立てましたので、

    参考にしていただけらばと思います。ただ、あくまでも統計上の確率論です。参考までにお願いします。

     

    後期選抜の志願者数は、前期選抜の非内定者数(=前期選抜受験者数ー前期合格者数)のうち、

    例年、どの程度の割合で再受験しているか(再受験率)をもとに、予測することが可能です。

    ただし、再受験率と言っても、東葛飾のようなトップ校は純粋な再受験者ですが、

    それ以外の高校については、上位の高校からの流入者も含んでいますので注意してください。

     

    以下、

    高校名

    前期非内定者数・後期志願者数・志願率で表記していきます。

     

     

    続きを読む >>