令和3年度千葉県公立高校入試日程発表(現中学2年生)

2019.12.19 Thursday

0

    こんばんは。

     

    千葉県教育委員会より、令和3年度千葉県公立高校入試の日程が発表されました。

    現中学2年生が受験する日程です。

    公立高校入試一本化の初年度になります。

     

    ◎出願(願書受付)…令和3年2月9日(火)〜2月12日(金)

     ※12日(金)は午前中のみの受付

     

    ◎志願変更期間…令和3年2月17日(水)、18日(木)

     

    ◎本試験…令和3年2月24日(水)、25日(木)

     ※1日目は「国語」「数学」「英語」、2日目は「理科」「社会」と各校独自の検査

     ※各教科50分間(英語のみ60分間)

     

    ◎追試験受付期間…令和3年2月26日(金)、3月1日(月)

     ※インフルエンザ等で本試験を受験できなかった受験生が対象

     

    ◎追試験日…令和3年3月3日(水)

     

    ◎合格発表…令和3年3月5日(金)

     

     

    以上が報道発表の内容です。

    概ね想定通りになりました。

    試験日が現在の後期選抜の日程に近いですが、中学校の授業充実という側面から考えても、

    併願の私立高校受験(特に都内私立)との間隔を考慮しても、いい塩梅なのではないでしょうか。

    ただ、千葉県の私立高校の入試日程は変更がないようですので、

    私立単願の受験生と公立志望の受験生で、温度差が出てしまうかもしれません。

    近年は私立単願の割合が上がっていますから…。

    できることなら、私立高校の入試日程も再考していただきたいところです。

    もちろん、難しいのは承知しています。特に中学校を持つ私立高校は日程の調整が大変でしょうから…。


    また、願書受付が現在よりも1日延びて、3日間になりますね。

    これは、いくつか考えられる要因(私の推測)がありますが、

    〇峇蠻槊┐諒麁使表と新聞掲載をスピーディーに行うため

    都内私立高校を併願する受験生(2月10日〜試験)を考慮

    というところでしょうか。

    基本的には初日の出願が一番多いでしょうから、取りまとめに余裕ができます。

     

    なお、選抜方法については、現在の前期選抜に近いものが想定されているようです。

     

    いずれにしても、選抜方法を含めて、最近お騒がせ状態の大学入試のようにならないことを祈ります。

    受験はあくまでの受験生のためのものですから…。

     

    学力向上の5原則

    2019.12.16 Monday

    0

      「成績(学力)を上げたい!」

      これは、誰しもが抱いたことのある感情ではないかと思います。
      そして、何とか机に向かってみるのですが、ただ闇雲に勉強してもうまくいかないことが多いものです。
      そこで、成績が伸びるお子さんの共通点から見える、「学力向上の5原則」についてお話しします。
      この5原則には「精神的なもの(心構えのような)」「技術的なこと」が含まれていて、
      これらがうまくかみ合ったときに、学力の飛躍的向上がもたらされるようです。

       


      【その1】勉強が楽しく感じられる(いつの間にか勉強している)
      これがすべての大前提です。でも、勉強は楽しいと感じられないかもしれません。だから工夫が必要です。
      スポーツ選手が「ゾーンに入る」という言葉を使うのを聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれませんが、
      これは何かに「夢中になって取り組んでいる」「集中力が高まり、活動に没頭している」状態のことです。
      このような究極の集中状態は、スポーツ選手に限って起こる現象ではありません。
      仕事や、勉強、ダイエットなど、あらゆる場面で、「ゾーン」に入ることは可能です。
      ゾーンに入るためには、7つのコツがあります。


      A、夢中になれる「ゴール」(夢や目標)を持つ
      マラソンの選手は42.195卆茲縫粥璽襪あることを知っています。
      だから、過酷な状況を乗り越えることができるのです。ゴールのないマラソンなんて、誰も走りたくはないでしょう?
      自分は何がしたいのか、どうなったらうれしいのかという、夢があると、ワクワクしますし、エネルギーが高まります。
      それが叶うかどうか?なんてことは気にする必要はありません。夢を持つこと、夢について考えることが大切です。


      B、「好き」という感情を大切にする
      やらなくてはいけないことを行うときには、他に好きなものや、好きな食べ物のことなどを考えて、気分を楽しめる状態に近づけてから、取り組みます。
      「好き」の感情から入ることで、これから行動することの嫌な面に目を向けるのではなくて、好きな面にフォーカスできるようになります。
      そして、楽しむことで、集中状態に入ることができます。


      C、行動する前に「準備」をしっかり行う
      目の前のことに集中するために、まずは環境づくりです。
      自分が集中して打ち込めるような環境、習慣づけができる環境を整えましょう。
      必要なものを準備する、気が散る要素を整理するなど、集中できる環境を、常に準備しておくことで、気が散るリスクを抑えることができます。
      自宅の自室でも構いませんし、塾や放課後の教室でも構いません。本人が「勉強する」習慣をつけられればOKです。


      D、成功のイメージをしてから始める

      これは受験生によく話すことの1つです。

      イメージは、自由ですので、現在の状況に左右される必要はありません。
      イメージによって、前向きな、楽しい感情を作り出すことができれば、パフォーマンスは高くなっていきます。
      一流のスポーツ選手ほど、常に、上手く行ったときのイメージをしていると言います。

      テストを受ける前にも、問題をすらすら解いているイメージトレーニングをしてみるとよいでしょう。


      E、「今」をどのように生きるか
      余計なことをあれこれ考えずに、今、目の前のことだけをするということです。
      目の前のことに没頭して、周囲が一切気にならなくなった状態が「ゾーン」なのですから、「今、何をするのか」を自分の心に問い掛けて、
      そのことだけを選択することが、自分を集中状態へと導いていくことになります。
      もちろん、過去のミスを分析する時間や、未来の計画をする時間も必要です。
      そのときは、分析や計画をすることに、100%フォーカスします。
      「今」を生きるというのは、その時行うべきことに全身全霊を傾けるということですね。


      F、自分の力を「信じる」(自分ならできる!)
      「ゾーン」に入るのがうまい人は、まず、「自分を信じる」ということを意識的に行っているといいます。
      うまくいく根拠はなくても、自分を疑うよりも、自分を信じた方が前向きに取り組むことができるでしょう。


      G、短い時間の期限を決める(ダラダラと取り組まない)
      問題集の見開き1ページに取り組むとします。全体を見て、どのくらいの時間がかかるか考えます。
      30分と思ったとしましょう。制限時間は「20分」、「30分」、「40分」どれにしますか?
      答えは「20分」です。自分を追い込んで取り組む方が、脳の回転数が上がり、集中が高まります。


      以上の7つを心がければ、あなたもきっとゾーンに入って勉強できます。まずはチャレンジしてみましょう。

       

       

       

      自主勉が大切だ!〜成功に必要な自主学習量とは〜

      2019.12.13 Friday

      0

        後日、「成績向上の5原則」はお話ししようと思いますが、
        どんなに時代が変わって、「学力への捉え方」が変化したとしても、「自主学習量」(これは自宅学習が基本)は必要不可欠です。


        よく、「机に向かう時間は長い」「〇〇時間勉強した」という話も伺います。
        申し訳ないですが、それは「自主学習量」を確保することの本質からかけ離れています。
        「どれだけの経験量(学習実績)を積み重ねたか」
        これが最も大切なことです。

         

        ここで言う「自主学習量」とは、

         

        「定期テストの成績UP=学力向上」か?

        2019.12.10 Tuesday

        0

          答えはNo!です。


          定期テストの点数や順位に執着する考え方こそが、学力の低下を招いています。

           

          PISA調査で読解力が低下していると公表されましたが、
          その他の項目「数学的リテラシー」と「科学的リテラシー」においても順位を下げました。

          つまり、大学入試改革、教育改革と言っていますが、学力が伸びるどころか、低下しているのです。

           

          よく、塾のチラシで「定期試験の点数『〇〇点UP』」といったキャチコピーを目にしますが、
          私は内心、『またやってしまったったな…』と思っています。
          なぜなら、「学力向上」を目指すべき塾が、「学力」の本質を見失うような指導を当然のごとく行い、
          それがあたかも正義とでも言わんばかりに、宣伝に利用しているわけですから。
          定期試験の得点を伸ばす指導では、これからの社会で必要な「考える力」は育てることは難しいでしょう。
          逆に、マニュアル通りにロボットのごとく作業する人が世の中にあふれてしまうかもしれません。

           

           

          それはなぜか?
          考えなくても大人が示した答えを覚えておけば良いからです。
          それだけで得点は大きく変わります。これが定期テストです。
          ですから私は、定期テストを「短期型記憶力確認テスト」と考えています。

           

           

          では、高校入試で問われる力は何か?

           

          週1回なら塾に通わないほうが良い!? 【通塾を検討するなら】

          2019.12.02 Monday

          0

            こんにちは。

            少々、乱暴なタイトルになってしまいました…。

             

            今日は学習姿勢を身に着けて、成績を向上させるためのお話です。

             

            2学期に入って、成績が飛躍的に伸びている子が何人もいます。

             

            中学1,2n年生では学校の順位が30番伸びた、40番伸びたという子たち。

            驚くことに、1学期300点ほど→2学期期末430点超という子も!あっぱれ!

             

            3年生では、模試の偏差値が春に比べて10近く伸びたという子たち。

            まぁ、3年生に入ってからの偏差値の伸びについては、

            私たちは当然のことと思っているので、自慢するには値しないのですが…。

             

            印象的なのは、数学が苦手で、毎週土曜日に補習(授業週2+補習1回)で呼んでいた子の

            定期テストの成績が気づかないうちに伸びていたことです。

            家ではなかなか宿題に取り組むことができなかったりするので、

            本人は渋々ですが、土曜日に塾で課題に取り組んだりしていました。

            繰り返すことの大切さを実感してくれていると嬉しいのですが…。

            また、そうしているうちに、自宅学習ができるようになってもらいたいものです。

             

             

            さて、塾のチラシで「週に1回から通塾できます」といった文言を目にします。

            「気軽に通える塾」といったアピールをしたい個別指導塾によくある文句です。

            しかし、あくまでこれは、❝塾に問い合わせるためのハードルを下げる❞ための

            セールストークであり、本当に週1回が良いのかどうか、と言うと、別な話です。

             

            たとえば、真剣に中学受験に取り組んでいる塾で「週1回」なんて聞いたことがない。そう思いませんか?

            これは、どうしても高い授業料をもらいたいから複数回なのではなく、

            複数回でないと、塾として保護者の方の期待に応えることができないと考えるからです。

            結果、中学受験の場合、全員必須ではないプレミアム感も重なり、授業料が高額になりがちなのです。

            私の場合、中学受験は高校受験の片手間に担うことではないと考えているので、

            現状として、中学受験のコースは設定していませんが、やはり週1回はあり得ないと思います。

            (中学受験の話をしたいわけではないので、この例は終わり)

             

             

            成績の伸び悩みに悩む小中学生の保護者の方から、よく伺うのは、

            「家では全く勉強しない」

            といった、お子さんの学習姿勢への不満・不安です。

             

            そこで通塾を検討し、個別指導塾の「週1回からOK」を見て、

            週に1回でも塾で勉強してもらえれば…となるのでしょうか。

            そして、個別指導塾に入ったとします。

             

            結果はどうでしょう?

            思っているほど効果が上がらないことが多いのでないでしょうか。

             

            しかし、それもそのはずです。

            お子さんへの思いとは裏腹の塾通いになっていますから。

            「家で全く勉強しない」お子さんに「週1回」の通塾…。

            「塾が夜の社交場」になっているなんていう話を聞いたことがありますが、

            まさにお子さんにとって夜の社交場として立派な役割を果たすでしょう。

             

            正直お話ししますと、自宅学習ができないお子さんは、

            週1回なら塾に通う意味はほとんどないと言えます。

            学習姿勢が変わるはずもなく、お金と時間の浪費です。

            もし、1教科を週1回で通塾している方は、直ちに見直すべきです。

            (1日1教科・週2回という場合でも、1日2教科に変更した方が良い)

             

            個別指導塾の多くは80分〜90分を1コマとして、

            1教科80分(週1回)で授業料〇〇円というパターンが多くなっています。

            その場合、例えば…

            〃醉貌に80分の授業を受けます。(宿題も一応出ます)

            火曜日〜日曜日は自宅学習しません。(やったことは忘れます)

            M盻儀醉貌に80分授業を受けます。(ふりだしに戻っています)

            こんなイメージです。

            学習姿勢が身につき、成績向上が現実となるでしょうか?

             

             

            ここには問題がいくつかあって、

             

             

            続きを読む >>